採用にお悩みの経営者・採用担当者向け外国人採用支援サービス

コロナウイルスの影響で、雇いどめになった技能実習生・特定技能外国人等へ雇用支援

 

2020年4月17日、出入国在留管理庁より

新型コロナウイルス感染拡大の影響によって実習が継続困難となった技能実習生や

特定技能外国人等に対する雇用維持支援が発表されました。

 

外部リンク:

出入国在留管理庁

「新型コロナウイルス感染症の影響により実習が継続困難となった技能実習生等に対する雇用維持支援について」

http://www.moj.go.jp/content/001319050.pdf?fbclid=IwAR2zHg21g1XD3xuoYlbZ74-6Ocq2GlUmF7ihVb9q_rk3fU1oQdGf8-jA5Gk

 


出入国在留管理庁は、新型コロナウイルス感染症の影響により解雇等され、

実習が継続困難となった技能実習生や特定技能外国人等を対象として、

日本国内での再就職を支援することを発表しました。

 

今回発表された雇用維持支援では、支援の対象となる外国人に対し、

特定産業分野における再就職の支援を行うとともに、

一定の要件の下、「特定活動」の在留資格を許可するなどの支援を行うこととのことです。


 

雇用維持支援で外国人に付与される在留資格は「特定活動」です。

この在留資格では就労活動が可能となります。

在留期間は最大で1年です。





詳細につきましては、最寄りの地方出入国在留管理局へお問い合わせください。



外部リンク:

出入国在留管理庁 インフォメーションセンター

http://www.immi-moj.go.jp/info/?fbclid=IwAR2NvskwV11186Kd5dleCElCWxCJnyUvAylLnoIfcD4Y2DBNse3BPLuWHts

 

 


MUSUBEE編集部

特定技能の外国人採用を考える企業にとってお役立ち情報を提供します。

記事一覧へ戻る
Bitnami